30代、アソビザカリ、ハタラキザカリ。


by fine_miki

占い。

占い。

基本的に占いというものは信じていないのだけれど。
こうも当たるとちょっと怖くなる。

単なる星占いなのに、これはいったいなんなんだろう。
石井ゆかりさんの筋トレ占い

さそり座の人なんて、人口の12分の1、世界中で5000万人もいるはずなのに。
(そしてさそり座って、割合的に多い気がする・・・。クリスマスやお正月にラブラブしたらさそり座の子が生まれるからかしら。。。)

さそり座のみんなが同じ運命な訳ないのに。

週報、という毎週の占いはそんなに当たってる~とは思わないのだけれど、毎年年始に出る年間占いは、いつも当たってると思う。見始めて5,6年がたつけれど。

ちなみに。

2009年 さそり座の空模様。

--------------------------------------------------------------------------------
環境が変化しそうです。
引っ越しする人も少なくないと思います。

>今年の年始、これを読んだときは引越しなんてしないし!!って思っていたのに、あれよあれよという間に引っ越すことになり、5月には引越ししてました。


時期的なことを少し申しますと、
まず1月、誰か古い知り合いや兄弟からの連絡があるかもしれません。
それによってちょっと旅行に出たりする可能性もあります。
この「動き」が、貴方の環境の変化を示唆するでしょう。

>1月に5年前まで勤めていた会社の社長に会いました。その人と再会したことが発端となり、引越しをすることになったのです。

2月、友人関係に、再構築のような出来事が起こりそうです。
壊れる関係と、壊れるところから生まれる関係があるはずです。
ここ二年ほどは、友人関係は「鍛える」時期に入っています。
表面的な関係は脆くも壊れますし、
紡いでいくべき貴重な関係がそれによって、浮き彫りになります。

>数年間、毎日会うほど仲のよかった友達と仲たがいに。今でもよく原因がわかりませんが、私が彼女を怒らせてしまい、それ以来会っていません。
でもその事件があって、そのことで他の友達がたくさん動いてくれたり、心配してくれたり、代わりに怒ってくれたりして、より仲良くなりました。
そのときはびっくりして、つらくて、たくさん泣いたけれど、これはこれで、よかったのかな、と今は思えます。


4月、なにか不思議な出来事が
あなたの心を満たすかもしれません。
あるいは古い傷に触れて、それがもう治っていることに
気がつくのかもしれません。
誰かの深い傷に触れてそれを癒すような
奇跡的な出来事が起こるかもしれません。

>これは・・・特に思い当たることはないです。


初夏から夏にかけては非常に忙しいときです。
貴方の才能や実力が多くの人に求められ、
評価もうけるでしょう。
ここで、日々一緒に動いている仲間の再編があったり
家族について、変化が生じるかもしれません。
冒頭から述べた「環境」は、
家族のこととして現れてくる場合もあります。

>初夏から夏・・・ほんとに忙しかった!!!
6月から9月まで、丸一日休暇だった日は数えるほどです。
5月には、彼と一緒にやっている会社も組織変更したり、社員が増えたり、オフィスが移転したりして仕事環境はかなり変わりました。


年間を通して、家族が増えたり、家族に変化が起こったりし、
そこで貴方が精神的に大きな成長を遂げる
という展開も十分考えられます。

>大きな家族の変化は、ココを迎えたこと。
精神的に大きな成長を遂げたかどうかは微妙ですが、気づかされることは多かったかも。
子供ができたときの練習をほんのちょっとはできた気もします。


秋以降、貴方は大きな舞台に上がります。
これは、2010年まで続く、一大プロジェクトです。
このチャレンジに邁進する中で、
不思議な味方が一人、現れたことに気づくかもしれません。
この味方は、大変地味な存在ですが、
おそらく「最強」です。

>秋以降・・・・すごーく楽しみです。ここまで当たると、これもきっとそうなってくれるんじゃないかと思ってしまいます。
エリカ様じゃないけど、「See you at the next stage」って感じかしら。



年間占いは長いので他にもいっぱい書いてあるんだけど、他の箇所はどういう意味か、とか長期的に見て・・ということがほとんど。

まあ、どうにでも取れるじゃん、ってこともあるけれど、かなーり当たっていたと思います。
ちなみに彼もさそり座。同じように引越し、同じように友達や環境が変わり、同じように忙しくなりました。

年間占いは、だいたい年始の三が日のうちにはUPされるので、来年のが今からちょっと楽しみです。
[PR]
by fine_miki | 2009-09-30 21:40 | つれづれ | Comments(0)