30代、アソビザカリ、ハタラキザカリ。


by fine_miki

波乱万丈 Disney&鎌倉 その3

ちょっと日が翳り始めた4時ごろ。
暮らしのエッセンス ようこそ北鎌倉の山の家へのmikiさんのオススメどおり、鎌倉駅から江ノ電に乗って、長谷方面へ。
電車を降りると、そこは紫陽花パラダイス。

e0030085_12231450.jpgまず、向かったのは成就院。
ここは、階段を登りきると、下り階段の両脇に紫陽花、前方に由比ガ浜、という絶好のロケーションが楽しめるところです。
素敵だったけど、すごい人だったので、ちょっとゆったり楽しめる感じではなく。。
境内で一休みしていたら、隣を通るお姉さんたちが話しているのが聞こえてきました。
「長谷寺、あと40分で閉まるから急がないと。」
え!?お寺って、閉まるの???
そこからびっくりした私たち。急いで、長谷寺に向かいました。

e0030085_12291441.jpgちょっと遠くから門が見えて。
「・・・閉まってる。。。」
「・・・ぎりぎりまで行って門の写真だけでも撮っていこうよ」
「・・・そだね。。」

門についてみると、なぁんだ、入り口は門のところではなく、その横。
「あんまり時間ないので急いでくださいね」
言われて、逆にほっとして、中へ。

観音様もすてきだったけれど、ここの紫陽花は本当にきれいでした。
人ももう少なかったし。
ということで、きれいだった紫陽花をお披露目w
e0030085_12302669.jpg
e0030085_12304363.jpg
e0030085_1231598.jpg

しっかりと紫陽花を堪能したけれど、ゆっくりしすぎて、大仏様のいる高徳院は閉まる時間に・・・。
「鎌倉って大仏様がメインのような気がするんだけど・・・。」
「まあ、いいじゃん。楽しかったし。」と無理やり納得。

そして。DINNERに。
mikiさんにオススメしていただいたところは定休日だったので、とりあえず鎌倉に戻り、ガイドブックをみながら、歩きます。
いまいち、ピンと来るお店がなかったり、いいんじゃない?と思うと場所がわからなかったり、定休日だったり。。
ふらふらしていると、小道に入ったところに、雰囲気によさそうな小料理屋をみつけました。
店先の看板の「生しらす」の文字。
「こんな店、一元さんお断りなんじゃないの?」とか言いつつ、まあ、追い出されたらすみませんって言おうよ。と入ってみました。
お店の名前は「長兵衛」

追い出されることもなく、カウンターに座ると、感じのいいご主人が。
隣に座っていた方たちともおしゃべりが始まりました。
「ねえ。どうしてここに入ってきたの?」
「え・・・、なんとなく・・・おいしそうな感じがしたから・・・。」
話にきくと、広告も出さず、でも、知っている人は知っている、有名なお店だったらしく。
鼻が利くわねぇ、と感心されました。

隣は外国の大学教授の先生で、なぜか「結婚」について、わたしたちにしっぽり語ってくださいました。
ふむふむ、と聞きながら、おいしすぎる料理を堪能しました。

そして、お店を出たのは、帰りの終電、ぎりぎりの時間。
東京発のチケットだったけれど、鎌倉からなら、新横浜から乗ろう、と新横浜へ。
大丈夫だよね?と時間を確認しつつ、OKOK、と新横浜に。

でも・・・最後にしっかり落とし穴が待っていたのです。
新横浜の新幹線ホームついて、前をみると、「こだま 静岡」「こだま 三島」・・・・
え?名古屋行きは????

あわてて改札に戻って聞くと、乗る予定だった、東京発の最終のひかりは新横浜には止まらないのでした。
ホームにもどった私達の前を、乗るはずだった新幹線が通り過ぎ・・・。
もう一泊して、明日帰ろうかと思えば、持っている乗車券は、明日は無効になってしまうとのこと。払い戻しも不可。

しかたなく、静岡までいくことにし、寝台で帰ろうかと思ったら、それだけは危ないからやめてくれ、と電話をしてきた彼に止められ、女二人で静岡のラブホテルに泊まって帰ってきたのでした。。

そして最後に。
家に着いたら、鎌倉で山ほど買ったものの紙袋がないことが判明。
最後のタクシーに忘れてきていて。
急いで電話をして、タクシーに戻ってもらって、無事、荷物も帰ってきました。

はぁ、波乱万丈な、しかし、結果オーライ、とっても楽しい旅でした。

・・・ふたりだけで海外旅行だけは行かないでくれ、と最近あちこちで言われます。
[PR]
by fine_miki | 2006-06-25 12:37 | おでかけ