30代、アソビザカリ、ハタラキザカリ。


by fine_miki

カテゴリ:実家( 22 )

里帰り

e0030085_19273862.jpg

今日から実家へ里帰りです。

プロジェクトも一段落して、ゆっくり年越しができそうで、ほんとに嬉しいです。
ほんとに念願の長期休暇♪

プロジェクト以外の経理やらなんやらの仕事も昨日今日で終わったしで、やっと今日の夜には一息つけるかと思ったら、彼の先輩が名古屋にいらっしゃるとのこと。

もしかしたらうちに泊まるかも、とのことで、昨日の夜中に慌てて大掃除。

年末にいきなりくるのはどうなのよ、と思うけど、まあ彼とはそういう関係なのでしょう。

お世話になりすぎていて断れるような方ではないので仕方ありません。

仕事の話をするのに私もココも邪魔だろうと急遽早めの帰省をすることにしました。

ほんとは名古屋でしばらく過ごして年明けにでも帰ろうかと思ってたけど、予定外にぱぱっと掃除もしちゃったし、あとはゆっくりするだけなのでよかったかも。

両親へのおみやげはモンシュシュの堂島ロール。

あ…、お父さん、ダイエット中だったかもな~。

母はけっこうミーハーなので、こういう話題のお菓子はきっと大好きだろうし、伊勢には売ってないので喜ぶだろうなー、と思って。

私も食べたかったしね。ちょっと並んだけど意外とすんなり買えました。

電車で2時間。ココは鞄の中ですでに爆睡。
顔だしてるときからうとうとしてたからなぁ。

電車に乗っても誰も犬がいるとは気づかないくらいおとなしくしててくれるのでほんと助かります♪
[PR]
by fine_miki | 2009-12-30 19:27 | 実家 | Comments(0)

シルバーウイーク

e0030085_18262543.jpg

e0030085_18262527.jpg

初めてにして次回は5年後?というシルバーウイーク。

この季節のいい時期に長期休暇というのは嬉しいです。

旅行にでも行きたいなあとか思ってたのに、自分も回りの人たちも忙しく、予定を立てる間もなく連休に入ってしまいました。

こんなときは実家にいくに限ります。
田舎の景色に癒され、荷物もいらないし、ごはんもでてくるし。

実家に帰ったらちょうど帰ってきた弟とバッティングし、ひさびさに家族が揃いました。

子供の頃、父は転勤が多かったので、うちはずっと両親と弟と私の4人で暮らしてきたのです。
伊勢に家を建て両親が祖父母と住むようになったのは、ここ10年くらいの話です。

なので久しぶりに4人が揃い、夜中までおしゃべりがとまりませんでした。

昼間は庭でココを遊ばせていたのですが、祖母と両親と弟にずっと構ってもらえるので、ご機嫌で嬉しそう。

あっちで呼ばれては走っていき、こっちで呼ばれては走っていき、同時に反対方向で呼ばれてどうしていいかわからなくてキョロキョロしたりしてました。
夕方からは庭でバーベキュー。地元のポークリブも買って焼いたのを食べたあと、ココにあげたら1時間近く離しません。

取り上げようとしたら唸って怒る始末。

やっぱり肉食なんですね。

夜は疲れたのか、母の腕のなかでうとうと。
一生懸命眠いのを我慢しようとしてました。

なんで我慢するのかしら。不思議です。

帰りの電車でも爆睡で、隣に座った方はかばんに犬が入っていたなんて思いもしなかっただろうと思います。

都会のマンションで飼うより、一日中人がいる田舎の家で育つほうがココは幸せなんだろうなぁと思ったけれど。

こればかりは仕方ないですね。
[PR]
by fine_miki | 2009-09-26 18:26 | 実家 | Comments(0)

白いゴーヤ

e0030085_1736934.jpg

これ、みたことありますか?
白いゴーヤです。

実家に行ったときに、おばあちゃんが畑で取ってくれました。
「今年のゴーヤは白にしたんや。」とまるで服の色を選ぶみたいに言いました。

ゴーヤって白いのもあるって、知りませんでした。。

もらって翌日、半分を炒め物にし、半分は1週間以上放置・・・。
昨日、やっと定番のゴーヤチャンプルーにしていただきました。

作り方はクックパッドで。
レシピがよかったので、かなりおいしくできました。
白いから苦味もマイルドかな、と思ったんだけど、普通のゴーヤと変わらなかった。。

しかし、最近忙しくって、帰宅は22:30ここからご飯作って食べると後片付けも面倒なくらい疲れてしまって・・・。

朝起きて、片付けました。

やっぱり基本は食事!なので、忙しくてもばてないように、ちゃんとご飯を作りたいと思います。

おばあちゃんと、土の恵みに感謝です。
[PR]
by fine_miki | 2009-08-26 17:36 | 実家 | Comments(2)

実家に帰ってました

e0030085_1255836.jpg


先週末、実家に帰りました。
ココをつれていくのは2回目。

自称犬嫌いのおばあちゃんは、すっかりココ好きになり、おおきくなったやろなー、といっているそうなので、体重が倍ほどになったのを見せに行ってきました。

初めて連れて行ったのは、まだ家に来て2週間のワクチンも終わっていないとき。
ちょっぴりひやひやだったのですが、電車の中では、バッグに入れ、どこを触るのも禁止にしました。
どんな菌がいるかわからないし。と思って。

今度はもうお散歩もOKが出ているので、ちょっと安心です。
指定席をとって、隣に誰もいなかったので、バッグから顔と手だけは出すことを許しました。

電車の音にも驚くことなく、いたってふつー。
ちょっと眠そう。

実家に帰ったら、なんと。
ココのサークルが買ってありました。びっくり。

でも、せっかく母が買ってくれたのに、サークルに入れると嫌々攻撃。
寂しそうにくんくん言います。
ちょっとお風呂に入りに行ったら、初めて聞くような声で2階からくんくん鳴く声が聞こえてくるのです。
家にいるときは、サークルにいてもそんななくことはないので、よっぽど心細かったんでしょう。
急いでお風呂をでました。

翌日は、みんなにちやほやされて、庭で思う存分遊んで、かわいい~って言ってもらって、ご機嫌でした。
お昼寝もしないぐらい。

最近「かわいい~」って言われるとわかるみたいなんですよね。

母に、「この子、ちょっと自意識過剰じゃない?」と言われてしまいました。
・・・子犬ってそんなもんじゃないのかなぁ。

そして帰りの電車の中。
あまりに疲れたのか、電車に乗るなり、爆睡でした。
写真は、かばんの中で爆睡中のココ。携帯でとったのに、シャッター音にも気づいていません・・・。

★ブログランキングに参加しています。
[PR]
by fine_miki | 2009-03-31 12:55 | 実家 | Comments(0)
e0030085_12392395.jpg

ご無沙汰しています。

あけましておめでとうございます。
今年もみなさまにとって、幸多き一年になりますように。


・・・と、1年以上ぶりの更新です。

というのも、バリの旅行記を書こう書こうと思いつつ、時間がたってしまって、すでに忘却のかなた、ですが、アメブロに鞍替えしたのが一年前。
「三十路ガールズライフ」という名前で書いていました。

やっぱり巨大ブログサイト、アクセス数が増えるのがうれしくて、ついついアメブロでつづけてしまいました。
でも。ここにいたときの皆さんとの暖かい交流が忘れられなくて。
やっぱり、エキブロもいいなぁ、と。

アメブロは、アクセスを伸ばせるようないろんな機能があって、たくさんの人が見てくれたり、アフィリエイとができたりするんですが、他のブロガーさんといつもコメントしあったりといった、交流は生まれにくい気がします。

一人がいろいろなところを回りすぎてしまうというか。

一年、浮気しましたが、アメブロをちょっとづつ、気に入ってる記事だけ移植しつつ、こちらでまた書いていこうと思います。

そして「あそびざかり」あらため、アメブロのタイトル「三十路ガールズライフ」で書いていこうと思います。

皆様、またよろしくお願いいたします。

miki
[PR]
by fine_miki | 2009-01-04 11:23 | 実家 | Comments(0)

ブラックベリー

携帯の話ではありません。

本物の、ブラックベリー。
数年前に母が実家の畑の隅に植えて、今年初めてたくさんの実がなりました。

先日友達と一緒に実家に帰ったときに、「採ってきていいわよー」というので、友達と採取。

触っただけでぽろっと取れるころがおいしいときです。

野菜も果物も、食べて欲しいときになると、手で取れるようになるんですよね。
不思議。

で、大量に取りました。

食べれる分だけにすればいいのに・・・ね。
もちろんその場で採るそばからたべるたべる。

その後は洗って冷やして、花火に持っていって。
あまずっぱくておいしかったわ。

e0030085_7472892.jpg
e0030085_7474232.jpg
e0030085_7475579.jpg

その後に採ったとうもろこしを剥いて生でがっつり食べました。

取れたてのとうもろこしは生でも甘くておいしい!!
みずみずしくて、ちょっとこりっとして、後を引きます。

e0030085_7483862.jpg

そして茄子。

親の言葉と茄子の花は千に一つのあだもなし
って言いますよね。

子供のころおばあちゃんによく言われました。
茄子は花が咲いたら必ず実がなるんだそう。

e0030085_7493392.jpg
明日、宅急便でまた母からお野菜がたくさん届きます。

楽しみ。
[PR]
by fine_miki | 2008-07-22 07:44 | 実家 | Comments(0)

おばあちゃんのそらまめ

e0030085_2320645.jpg

実家から届いた大量のそらまめ。

おばあちゃんが丹精こめて作っています。

そらまめって、おおきなさやにふわふわのクッション付きでしっかり梱包されていて
大事にされてるなぁと思います。

まるでワレモノみたい。

今日はこれを塩ゆでしてビールです。サイコー

今年もありがとう。

いつまでも元気でいてね、と思いながら、いただきます。
[PR]
by fine_miki | 2008-05-30 23:18 | 実家 | Comments(0)

恒例の花火大会


実家のすぐそばでは毎年花火大会が行われます。
いつもは7月の中ごろなのですが、今年はそのときに台風が直撃。
川は増水し、河川敷も水中になってしまったため、延期になりました。
伊勢の花火は花火師のコンクールのため、全国各地から花火師が集まります。
なので、一回延期になると、次に花火師が集えるのはシーズンが終わった9月。
・・ということで昨日、花火大会がありました。

友達を3人つれて帰省したのですが、その甲斐あって、とてもいい花火でした。
毎年ながら、迫力満点の趣向を凝らした花火がまん前であがって、息を呑みます。
1発1発が凝っていてとても楽しめるのです。

2時間の夜空のショーのあとは、親戚とおしゃべり、そして父の作ってくれたカクテルをのみながら、父のギターでにわかカラオケで大盛り上がりです。

私は早々と寝てしまったのですが、友達は「恋バナ」で朝方4時まで語り合ったとか。
ほんと、GIRLSです。

そして今日。
朝から実家の古い家に行って、おばあちゃんの着物を見に。
着物が大好きな友達におばあちゃんが何枚かプレゼントしたので、友達は大喜び。
おばあちゃんも2,30年間、日の目を見なかった着物たちが喜ばれてもらわれていったのでうれしそうでした。

その後は、ちょっと贅沢ランチをしようと、「花菖蒲」へ。
ここのミニ会席は、安価で、目にも味もおいしく、とっても大好きで22,3歳ごろから通いつめているお店です。
実は彼と話をしていたら、彼もここの常連だったらしく、気が合うねぇーと笑ったのでした。

ご飯を食べたら、「奥伊勢フォレストピア」へ。
清流宮川の上流のこの公園では、川に降りてのんびりくつろぐことができます。
川にひざまで入って、岩に腰かけてしゃべったり、寝転んでお昼寝したり。
のんびりしました。

最後は、いつもどおり「おかげ横丁」へ。
ここは銘菓「赤福」の本店があるのです。

閉店まで30分強しかないにもかかわらず、「赤福」や夏季限定の「赤福氷」を堪能し、「豚捨」のコロッケを買い食いし、チーズ・タコ・イカの3本のビッグはんぺん棒?を食べて大満足。

楽しかったね~、大満足!!と帰ってきました。

明日からまた仕事ががんばれそうです。
[PR]
by fine_miki | 2007-09-09 23:49 | 実家 | Comments(6)

遅くなった夏休み

今頃・・ですが、夏休みをもらったので、先週末からゆっくり実家に帰省していました。

朝8時ごろ起きて、母に作ってもらった朝ごはんを食べ、新聞を読んで、畑へ。
おばあちゃんと話をしながら、草取りを手伝い、帰って、お昼ごはんを母と作って、食べ、お昼寝をし・・・・となんともゆったりした生活でした。

夕方になると毎日のように、スコールのような夕立が。
黒い雲がわぁーーっと押し寄せてきたかと思うと、大粒の雨が降ってきます。
e0030085_164623.jpg
でも、しばらくするとやんで晴れ間が。
なんとも美しい光景でした。
e0030085_1641784.jpg
車でその辺を走ってみたりしたのですが、トラクターで畑を耕している人の周りには、たくさんのしらさぎがきて、エサをついばんでいます。

e0030085_1662552.jpgトラクターが去った後もしばらくは、たくさんの「しらさぎ」だかり。
さすが、よく知っているなぁ、と感心します。
しらさぎだけではなく、通称、あおさぎ、と言われている体長1mほどもある大きなグレイの鳥もいます。
目の前で羽を広げて飛ばれると、かなりの迫力です。
e0030085_167168.jpg

カラスや、すずめ、ひばり、ひよどりはもちろんのこと、耳を澄ますとよくわからない鳥の鳴き声がして、田畑ばかりのこんなところにもたくさんの鳥が生活しているんだなぁと思わされます。

本当は水や土のためにも農薬を使わない、安全な田畑にしたいものですが、やっぱり農家はそうもいっていられない現状があって、難しいところですね。。
[PR]
by fine_miki | 2006-09-14 16:11 | 実家 | Comments(20)

伊勢の花火大会 その2

花火大会をしっかり楽しんだ翌日。
朝8時頃起きて、伊勢神宮と「おかげ横丁」へ。
このおかげ横丁、伊勢名物、赤福の会社がやっているのですが、伊勢名物のお店が並んでいるのです。お店をのぞいているだけでもかなり楽しめます。
食べ物屋の店先には、つまみぐいにいいようなものがたくさん。
コロッケ、きゅうりのまるかぶり、チーズはんぺん、甘酒、たくあん、焼きサザエ、などなど。

e0030085_1002532.jpgでも、わたしたちの目的は、夏限定の「赤福氷」。
赤福の本店で食べることに。
まずはチケットを入り口で買い、フリーの座席の空いているところに座ります。
そして待つこと・・・・20分くらい。「○○番の方ぁ」と呼ばれるので、自分の番が来るのをひたすら待ちます。その間に50組ぐらいの人が氷をもらっていました。
ここの氷、毎年大人気です。
お昼頃通ったら、チケットを買うのにすでに長蛇の列でした。。

そしていよいよ赤福氷!
e0030085_1053080.jpg

この氷の中に、あの赤福のあんと、白玉が入っています。
暑い中で氷を食べるのってなんでこんなにおいしいんでしょうね。
あっというまに3人とも完食です。

そのまま、ふらふらと寄り道をしながら、伊勢神宮へ。
ちょっとお参りをしてきました。

そしてここで友達とはお別れ。またゆっくり来たいわ~といいながら、彼女たちは帰っていきました。

e0030085_10151428.jpgわたしは実家にもう一泊です。
最終日、家でのんびりするのにも飽きて、いただいた赤福と栗羊羹を食べながら、おばあちゃんとおしゃべり。
「都会の子はあんたみたいになかなか嫁にいかんのやなぁ。」
「まあ、田舎の子よりは遅いんちゃう?」
「でも、まあ、男は身の回りのことしてもらいたいで結婚せなあかんやろけど、女は自分でできるでなぁ。
結婚したら二人分せなあかんで、別にわざわざ結婚なんかせんでもいいわな。
それに女は相手に合わせなあかんし、それもしんどいしなぁ。
わしもじいちゃんに合わせるの、しんどかったもん。
どっかで子供だけつくっといたらええ」
「・・・・・」

なんと今どき、というかとてもおばあちゃんとは思えないアドバイスです。
その話を母にしたら、「・・・おじいちゃんのほうが合わせるの、たいへんやったと思うわ。。」と。
同感です。

e0030085_10252091.jpgその後、そんなおばあちゃんを連れて再度おかげ横丁へ。
ちょっと藍染や陶器のお店をみて回り、みたらしを食べて、「いすゞ茶屋」へ。
私は抹茶と水饅頭、おばあちゃんは葛きりをいただきました。
ここ、庭がきれいで、和みます。
おかげ横丁、ひさしぶりに行ったのですが、やっぱり楽しいところです。

そして夜に名古屋へ。
いつもどおり、山ほどの野菜をもらって帰ってきました・・。
[PR]
by fine_miki | 2006-07-21 10:23 | 実家 | Comments(16)