30代、アソビザカリ、ハタラキザカリ。


by fine_miki

<   2009年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

母猫卒業

この週末、やっと母猫を卒業しました。
3匹いた子猫ちゃんたちは、2匹、亡くなってしまいました。

原因はミルクが気管支に入ってしまって肺炎をおこしてしまったこと。
先に亡くなったシロちゃんも、同じような症状だったので、ふたりとも、肺炎だったんだと思います。

ミルクがなかなか飲めないので、哺乳瓶の吸い口を甘くしすぎてしまったのが原因のよう。
お医者さんいわく、加減が難しいのだそうです。
シマちゃんは、最後は病院に連れて行き、点滴をしながら亡くなりました。

最後に残った、クロちゃんは、最初からいちばん元気で、めきめきおおきくなり、やっとこの週末、里親になってくれた子のところにいきました。
体重も最初の3倍ほどになり、もうしっかり自分であるくし、目もパッチリあいてかわいい顔でした。
人懐っこくて、人の声のするほうにいつも寄って行って、体に這い上がってくるのです。

写真、撮りたかったけど、なかなかじっとしてなくて、きれいに撮れないんですよね。
大事に育ててもらって、元気に大きくなればいいなぁと思います。
[PR]
by fine_miki | 2009-05-25 16:12 | つれづれ | Comments(2)

新居

e0030085_1134488.jpg

前のマンションの3分の2ほどになった新居。
全部の家具がはいるか、心配だったけど、入れてみたら意外とすんなり入りました。

前はほんとに広すぎたんだなぁと実感しました。
掃除も楽だし、エアコンも効くし、この広さ、落ち着きます。
前は、メゾネットのマンションだったのですが、不動産やさんにきくと、オシャレで人気があるけれど、住んでみると使いにくく、長く住む人が少ないのだそう。

やっぱり普通の造りのマンションが一番です。

一応片付いたけれど、まだまだクローゼットの中が恐ろしいことに。

がんばって片付けます。
[PR]
by fine_miki | 2009-05-25 09:16 | つれづれ | Comments(0)

おひるね

e0030085_15482699.jpg

日曜日の午後。
とくに予定もなく、本と冷たい水をベッドサイドに置いてゆっくり過ごす幸せ。

隣で丸まって眠るココをみてるとほほえましくなる。
[PR]
by fine_miki | 2009-05-24 15:48 | つれづれ | Comments(0)

猫たちのその後。

子猫を3匹、お世話するようになってから1週間。

いろいろなことがありました。
なにせ、猫アレルギーの私は、猫に触るのも20年ぶりぐらいなのです。
どうしていいか分からず、ネットで調べ、病院に行って聞き・・・。

ミルクの濃さを間違えたり、なかなかうんちがでないのをしんぱいしたり・・・・。

仕事もちょっと暇だったので、3時間ごとに彼と交替で帰宅したり、無理なときは社員の子に鍵を渡してお願いしたりでなんとか続けてきました。

でも、生後1週間の子猫にとって、母猫がいないというのは、こんなにも難しいのかと、ひしひしと感じました。

気温差の激しかった先週、寒くなれば、コタツに入れ、温まったら切って入れてしていたのですが、あるとき、コタツを入れてしばらくほうっておいてしまったのです。
気がついて出したときには、みんな口をあけてはっはっとしていました。
大慌てでお水を飲ませたり、うちわで仰いだり。

何とか落ち着いて、3匹とも寝てくれました。

翌朝には、3匹ともみーみー!と元気よく泣き、はいはいして動き回っていました。
でも一安心したのも束の間、前から一番ミルクの飲みが悪かったシロちゃんが、徐々に飲まなくなってしまったのです。
そのうち、下痢もするようになりました。(それが下痢だったことに気付いたのはかなり後でしたが。)
暖めたり、かなり無理やり、スポイトでミルクをやったりしていたのですが、やっぱりあまり飲みません。

とうとう金曜の夜中に触った時には、みーみー泣く声もか弱く、かなり体温が下がっていました。

温かいミルクを飲まそうとしていたとき、ココが、シロちゃんをみて、「ワンワン!!!」と吠えたのです。
初めて吠えたのを聞いてびっくりしましたが、ココも何かを感じたのかもしれません。

シロちゃんは、1時間後に亡くなりました。

「コタツにもっと気をつけていればよかった」「もっと早く、病院に連れて行けばよかった」・・・・
後悔先に立たず、というのはこのことです。
シロちゃんに申し訳なくて、申し訳なくて、ほんとうにたくさん泣きました。

土曜日に、他の元気な2匹をつれて病院に行ってきました。
元気ですが、2匹とも目に膿がたまって、目が開けられないのです。
目薬をもらって、ちょっと良くなってきました。

シロちゃんは、見つけたところの近くの公園の木の下に、そっと埋めてきました。
病院の先生は、もともと病気だったのかもしれないよ。
同じ状況で、2匹はこんなに元気なんだから。といってくださったけれど。
命を預かっていたのに、と思うとほんとうにいたたまれません。

シロちゃん。ごめんね。そしてゆっくり、眠って下さい。
[PR]
by fine_miki | 2009-05-04 13:43 | つれづれ | Comments(0)